ストレスニュートリション認定講座

第7回「体内クレンズ/デトックス」2019-8-24レポート♪♪

こんにちは。
ストレスニュートリショニスト認定講座レポーターの大坂です。

一か月ぶりの講義に、またまた興味深い「体内クレンズ/デトクッス」の章とが重なり、あっという間の3時間。今回はいつも以上に盛り上がり、やはり、みなさんも”デトックス”に興味津々のようです。

さて、今回の第7章は、デットックス(解毒)をしっかりと理解することからはじまり、私たちのカラダにとって有害となるもの、それらが健康に与える影響、ストレスとの関わりなどを勉強していきます。

まず、私たちが通常の生活の中で触れている殺虫剤、添加物、医薬品、しいては環境にばらまかれる有害重金属、微生物が分泌する毒素など、多くの毒物が食べ物を通じて体内に取り込まれています。その全てを排除することは不可能です。
その中でも特に排出に目を向けるべきは、有害金属(鉛・水銀・カドミニウム・アルミニウムほか)です。

毒素の項目を見ていくと、普段私たちが何気なく口にしていたあの食品にも有害金属が⁈と驚きの連続でした。
こんなにも多くの種類の毒素を、日常的に体内にいれているなんて。。どうすれば良いの…と混乱してしまいますが、そこでポイントとなってくるのがデトックス=解毒です。

デトックスとはどんなものか、解毒の3ステップを整理して、デトックスをサポートする食材の把握、体内でのメカニズムを理解することで、より効率よくデトックスを促進出来るという事実を知り、毒されている身体を改善させることができるのだという希望と、巷でよく聞く「デトックス」という言葉をホリスティックな視点で捉えることができました。

また、体から過剰な毒素(とくに金属)を排出する安全な療法の「キレーションセラピー」があること、その有害ミネラルの排出に役立つサプリメント群も知ることができ、これから出産を控え、育児中の自身にとって、とても参考になる内容でした。

次回は、またしても興味深い活性酸素対策「悪玉酸素の陰謀」について学びます。ちまたではアンチエイジングとして美容と結び付けられていますが、デトックス同様、糖化・酸化についてしっかり理解し皆さんへお伝えしたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

大坂 知子

← Click!