JHNA事務局通信

ストレスニュートリショニスト 認定講座 第5回

ストレスニュートリショニスト認定講座   第5回

ストレスニュートリショニスト認定講座 受講生の金子です。

5回目は、(ストレスと栄養の関係Ⅰ)栄養に対する影響と脳内バランスでした。

ストレスの栄養に対する影響は、

ポイント①   グルコース合成の亢進

ポイント②   タンパク質分解の亢進、合成の抑制

ポイント③   不可欠脂肪酸の減少

ポイント④   ビタミン&ミネラル消費の加速

それらのメカニズムを学びました。 ビタミンCはストレスビタミンと言われていて、ストレス時には推奨量の30から100倍ぐらい必要になるそうで、その時は食べ物からだけで取り入れるには難しいと思いました。

ストレスと深い関わりがある脳内の神経伝達物質のバランスを整えることも大切で、興奮系、抑制系、調整系と3つのカテゴリーに分けられるが、どれもアミノ酸からつくられるということを理解しました。

セミナーのほんの一部動画を公開いたします!

ストレスニュートリニスト認定講座 第5回