カナダバンクーバー通信

カナダ-Registered Holistic Nutritionistとして活躍中の坂本由美さんのご紹介!!

こんにちは。カナダ バンクーバー通信の豊田です。

前回、告知させていただきました、もう一つのホリスティック栄養学の学校(CNNS)を2年前に卒業され、現在、ご自身でワークショップなどを開催し既に活躍されている坂本由美さんをご紹介させていただきたいと思います。また、海外におけるホリスティック栄養学に興味や関心のある方々への情報提供としても、お役に立てればなによりです。

以下、坂本由美さんからの原文です。

はじめまして、わたしはカナダ バンクーバー在住の坂本由美と申します。

Canadian School of Natural Nutrition (CSNN)を2015年の春に卒業し、Registered Holistic Nutritionist(RHN)になりました。この学校は1994年に創立したカナダで一番古い自然栄養学の学校です。カナダ本土に14か所の分校があり、ヘッドオフィスはトロントにあります。

当時入学した2013年はまだ、今の様に他の素晴らしい自然栄養学の学校はあまり宣伝もされていませんでしたので、他の学校と比べる事無く入学を志願しました。その前から興味のあった内容のワークショップを色々な機会に受講していて、それらの講師が全てこの学校の卒業生だった事も大きなきかっけになったと思います。

わたしが受講したクラスは夜間の2年間のコースで、授業の内容は一言で表すなら”Intense”で、ハードスケジュールでした。 週に1~2回(一日4時間)のクラスなので何とかなると思っていましたが、小さなテストから大きなテストまで常にあり、平均が80点以上ないと単位が取れないというプレッシャーは大きかったです。平日は会社員として働いてましたので、身体が慣れるまでは本当にチャレンジ続きでした。

わたしのクラスは35人程で、初めの一年間でかなりの生徒が消えていきました。 殆どの生徒は昼間は働いており、既に他の職種のプロフェッショナルの人が多かったです。 心理カウンセラーやカイロプラクター、ジムのトレーナーなど、自然栄養学と統合してクライアントをサポートしたい人、あとはそれぞれが病で苦しまれて、その経験から自然治療や予防栄養学を学ばれたい方も結構おられました。

授業の内容はとても充実していて、その興味深さが最後まで続けられる原動力になったのだと思います。 他の学校も同じだと思いますが、症候学、予防栄養学、病理学、年代別の栄養学、環境学、化学、細胞学、アレルギー、Body-Mind-Spirit心理学、脳神経の栄養学 などなど、息つく暇もない程の忙しさと学びがありました。講師もナチュロパスドクターや、その分野で活躍されている方々、この学校を卒業された先生も何人かおられました。 先生方の授業の進め方、授業に対する情熱で、かなり学びの深さが違ってきましたので、やはり講師によっては普通よりも難しく感じられた授業もありました。

基本クラスの授業以外に料理教室、13のケーススタディ、実習などが入りました。それらは実際に学んできた内容を実践に生かせる大変良い勉強になりました。バンクーバー校の事務的な事に関しては、当時はまだクラスも少なかったので、アットホームな感じでした。ですので、設備や便宜上の点から言えば、時には不満を感じる事もありました。

学校を卒業してからは、会社員を続けながら自分が得意とする分野-わたしの場合は料理、自然食で色々と資格を取っていましたので、健康とエコ料理をテーマにワークショップなどの活動を続けて約2年になります。

クラス風景

昨年、会社員を辞め、地元のコミュニティのサポートをメインに、ワークショップ、高齢者グループの集いでのヘルシーランチメニュー、ヘルストーク、最近では日本で栄養士を目指す大学生と関わるお仕事もさせていただく様になりました。

まだまだ発展途中ですが、これからも活動を広げていきたく、計画を立てています。卒業後の学校や卒業生のネットワークが強いので、何かあれば色々と相談できる場があるのも助かります。

人にも環境にも優しい自然栄養学に出合えた事、その輪がどんどんと日本にも広まる事は素晴らしいと思います。

日本ホリスティックニュートリション協会様の、益々のご発展をお祈り申し上げます。

坂本由美

カナダ、バンクーバー在住